Q&A|不動産・土地の売却・買取・運用|東広島市の東洋不動産

menu

Q&A

不動産売却・売買Q&A

東広島市を中心に不動産や土地の売却・売買・運用コンサルティングなどを行っている「東洋不動産」に多く寄せられる質問にお答えします。

Q1.家に住みながら売却できますか?
A1.ご安心ください。売却をお考えのほとんどのお客様は、家に住みながら売却を進めています。ただしご購入希望者が見つかった場合、家の中を見ていただくことがあるので、その点はご了承ください。もちろん、内見の際には事前にご連絡いたします。
Q2.売却をお願いすると、ご近所の方に知られてしまいますか?
A2.お客様からご希望があれば、近隣の方に知られないように売却活動を行うことも可能です。その際には、近隣への新聞折り込みやポスティングなどは行わずに、販売活動を行いますのでご安心ください。
インターネット広告を重視した販売活動を行うことも可能です。インターネット広告の場合、通常のチラシなどに比べて、ご近所には知られにくいという特徴があります。
Q3.少しでも不動産を高く売るにはどうしたらいいでしょうか?
A3.お客様にとって大切な不動産は、できるだけ高く売却したいものです。とはいえ、購入希望者の側はできるだけ安く購入したいと考えています。したがって、不動産を高く売るためには、お客様の物件をできるだけ高く評価してくださる購入希望者を見つけることです。
当社では地域に根差したネットワークと積極的な販売活動によって、お客様の物件をできるだけ高く買ってくださる購入者を見つけられるよう努めています。
Q4.不動産の売却を行うには、何から始めるとよいでしょうか?
A4.不動産売却を行う際には、はじめにお客様がお持ちの物件がいくらで売れるか、売却予定価格を調べる「査定」を行うことをおすすめします。当社ではご希望があれば、お客様の不動産を無料で査定いたします。お気軽にご相談ください。
Q5.不動産の査定ってどんなことを行いますか?
A5.土地やマンションなどの不動産を売却する際に気になるのが査定価格。売却希望時期や近隣環境、物件の状態、市場の動向など、さまざまな要因に基づいて決まります。なお、査定の種類には、「簡易査定」と「現地査定」があります。
簡易査定では、不動産データより机上でおおよその価格を算出してご提示します。もう一方の現地査定では、お客様の物件を実際に訪問し、お部屋の状態やリフォームの必要性、日当たりや風通しなどを詳しく調査して算出するので、より精度の高い査定価格となります。
Q6.査定価格に満足できません。査定価格で販売しなければならないのでしょうか?
A6.お客様にとって大切な物件ですから、査定価格に納得いかないケースもあるかもしれません。査定価格はあくまで参考価格であり、ご希望の価格で販売することは可能です。
ただし、当社の査定価格は地域や市場の動向を反映した適正価格となっています。したがって査定価格より高い価格で販売すると、売却までに長い時間がかかったり、物件が売れ残り、最終的には当初の査定価格よりも引き下げて売ることになったりするケースもあります。
これらの状況を踏まえて、いくらで販売するのが売主様にとってベストなのか、担当者とも十分相談のうえ、販売価格を決めてください。
Q7.査定をお願いしたら、売却するしかありませんか?
A7.決してそのようなことはありません。当社の不動産査定は無料で承っております。当社の査定価格を参考にして、不動産売却するかどうか、お客様のほうでご判断いただければと思います。売却についてお悩みがある場合は、納得いくまでご相談ください。
Q8.不動産を売却したら、いつ代金が手に入りますか?
A8.一般的に不動産の売却代金は、契約時に手付金が支払われ、引渡時に残金が支払われます。ただし、場合によっては手付金が支払われないこともありますので、当社担当者にご確認ください。
Q9.どのような販売活動が行われますか?
A9.当社では、お客様の大切な物件ができるだけ早く、できるだけご希望の価格で売却されるように、近隣への新聞折り込みやチラシのポスティング、オープンハウスの実施など、さまざまな販売活動を行います。
また、より多くのお客様の目に留まるように住宅情報誌への掲載やインターネットへの掲載なども積極的に行っています。
Q10.売却のための広告を行うと、別途費用がかかってしまいますか?
A10.通常のケースでは、販売のための広告費用をお支払いいただく必要はありません。ただし、お客様が特別な広告をご希望される場合には、実費をご負担いただく場合もございます。もちろん、その場合は事前に確認をとってから行いますのでご安心ください。
Q11.古家のためかなり傷んでいる物件です。売却のためにはリフォームが必要でしょうか?
A11.売却時にリフォームをしなければいけないわけではありません。なかには、家全体のリノベーションを行う前提でご購入される買主様もいます。
ただし、部屋をきれいにリフォームすることによって、希望する価格での早期売却が可能になることもあります。どのような販売活動を行うかによって、リフォームの有無も決まりますので、担当者としっかりご相談ください。
Q12.家を買い替えたいと考えています。売却の際にはどんな点に注意する必要がありますか?
A12.お住まいの買い替えでは、スケジュール調整が大変重要になります。売却と購入のタイミングが合わないと、「家が売れてしまったのに新居がまだ建築中」といった事態に陥ることもあります。この場合は仮住まいのための出費がかかってしまうので、注意が必要です。
逆に入居の間際になって家を売ろうとしても、なかなか売れず、想定していた売却価格を下げなければいけないこともあります。買い替えの際には、売却時期と価格について当社担当者と綿密にご相談ください。お客様に最適な売却プランをご提案いたします。
Q13.買い替え先がまだ建築中です。自宅が売れてしまった場合にはどうすればよいですか?
A13.仮住まいが必要になったり、ご購入者に引渡時期を待っていただいたりなど、さまざまなケースがあります。いずれにせよ、買い替えでは売却と購入の時期にある程度の余裕をもっておくことが大切です。
Q14.売却時にかかる費用は?
A14.売却時には、仲介手数料と売買契約書に貼付する印紙代がかかります。また抵当権が設定されている場合は抵当権抹消費用、現住所が登記簿謄本と違う方は住所変更登記費用も必要です。さらに売却によって利益が出た場合には、譲渡所得税や住民税が発生します。
Q15.媒介契約の種類にはどのようなものがありますか?
A15.媒介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」という3種類があります。どの種類の媒介契約を結んだらよいかは、お客様の売却活動の方針によって異なります。ご不明な点は担当者までお気軽にお尋ねください。

お知らせWhat's New

一覧を見る

株式会社東洋不動産

〒739-0011
広島県東広島市西条本町14-29

TEL:082-423-8322

営業時間:9:30~18:00
定休日:水曜日

メールでのお問い合わせはこちらから

オフィシャルサイトへはこちら

Copyright © toyou-f.jp. All Rights Reserved.

pagetop